ご存じですか?血糖自己測定器(SMBG)と院内専用グルコース分析装置(POCT)の違い 少量の血液で簡易に血糖(グルコース)を測定できる簡易血糖測定器ですが、・院内で医療従事者が使用する場合・自宅等で患者さんが自ら行う場合では、使用する機器に違いがあります。

SMBGとPOCTの違い

気をつけたいのが、院内専用グルコース分析装置と血糖自己測定器の薬事法上での違いです。

厚生労働省 医薬品・医療用具等安全性情報 No.206 2004年10月(抜粋)

簡易血糖自己測定器は、元来、医師の指導のもと糖尿病患者が自宅等で自己血糖を測定するために使用するものであるが、簡易に測定できることから、緊急時や輸液等の処置施行時に使用する事例も見受けられる。簡易血糖自己測定器は、あくまでも日々の血糖値コントロールを把握することを目的として使用するものであり、緊急時や輸液等の処置施行時は自動分析機器等で測定した血糖値を基に対処していただきたい。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/10/h1028-2a.html

このように、薬事法上は、院内ではグルコース分析装置(血糖測定器の使い分け)を利用することとされています。

一般的名称
(薬事法上の分類)
一般的名称の定義(※1)   クラス分類(※1)
グルコース分析装置
(一般医療機器)
血液中の糖(ブドウ糖)濃度を測定する検査室用装置をいう。医療従事者が使用する分析装置である。 医療従事者・医療施設用 I
自己検査用グルコース
測定器(※2)
(高度管理医療機器)
自己検査用に血中グルコース又は血中ケトンを測定する測定器をいう。自己検査用器具は、一般の人の自宅で使用できるように製造されたものである。 個人・自宅用 III

※1:2004年7月20日厚生労働省違約食品局長通知(薬事発 第0720022号)
※2:簡易血糖自己測定器は、元来医師の指導のもと糖尿病患者が自宅等で自己血糖を測定するために使用するものです。
   あくまでも日々の血糖値コントロールを把握することを目的として使用するものであり、緊急時や輸血等の処置施行時は
   自動分析機器等で測定した血糖値を基に対処が必要です。

SMBGとPOCTの正しい使い分けを行いましょう!

院内専用グルコース分析装置 ニプロスタットストリップXP

ニプロスタットストリップは院内専用グルコース分析装置(POCT)です。

【特長】

  • ヘマトクリットを実測し、補正することにより正確な測定を実現します。
  • 溶存酸素やマルトースなど薬剤の影響を受けません。
  • 検体量1.2μL、測定時間6秒と微量、迅速です。
  • 従来のPOCT機器よりも簡単な操作です。
  • キャリブレーションが不要です。

独自技術を駆使した専用チップ(金4電極)で信頼性の高い測定結果が得られます。

詳しい情報はこちら

<POCTにより正確な血糖値を把握>
日本大学医学部内科学系 糖尿病代謝内科学分野主任教授 石原寿光氏

日本大学医学部附属板橋病院には、総合周産期母子医療センターがあり、妊娠糖尿病の患者さんを受け入れている。厳密な血糖コントロールのために、早期からPOCTを導入している。
石原氏「産科の合併症もそうですが、血糖値が非常に高い糖尿病の入院患者さんについても、正確な血糖を把握する必要があります。きちんと下げなければいけないのはもちろんですが、急に下げすぎてもいけないので、厳密な血糖値の把握が必要になります。やはり、患者が行うSMBGとは違い、医療従事者が扱うPOCTであれば、信頼性も高くなります。」

糖尿病治療・予防に関わる医療機関のための CIEL(シエル)Vol.21,2010.10より抜粋
 トップに戻る